東洋医学の専門家になる|理学療法士の専門学校で本格的な知識や技術を学ぼう

理学療法士の専門学校で本格的な知識や技術を学ぼう

勉強

東洋医学の専門家になる

鍼灸

ツボを刺激して健康回復

現代社会においてケガや病気の治療を行う際、そのベースとなるのは西洋医学に基づいた医療技術です。しかし中には、東洋で古くから受け継がれてきた健康術が利用されることもあります。その代表例が、鍼灸です。鍼灸は、東洋医学において体内の気や血が集まる場所と考えられているツボを刺激することで、健康回復を目指す技術です。鍼の場合は金属の治療針を用いて刺激することで、灸の場合は草を乾燥させて燃やすことで、それぞれ刺激を与えます。この鍼灸を職業とする人を、鍼灸師といいます。鍼灸師は国家資格となっており、資格のない者が業として治療を行うことはできません。神経痛・リウマチ・頚腕症候群など法令で定める一部の疾患については、鍼灸師の行う治療に健康保険が適用されます。

高卒後3年間の学習が必要

気をつける必要があるのは、鍼灸師は鍼師及び灸師という、それぞれ独立した国家資格の総称だということです。両方の施術を業とするには、各々の国家試験に合格する必要があります。ただ、多くの学校において2つの養成コースが併設されていること、試験を併願する場合は一部の科目が免除になることなどから、2つとも取得して業務に就いている人が多いのが実情です。鍼灸師国家試験の受験資格は、高校卒業後に国が指定する大学・短大・専門学校等で学び、知識及び技能を身につけるのに必要な科目を履修することで得られます。学習期間は3年ないし4年です。国家試験の受験者数は毎年5,000人前後で、ここ10年ほどは横ばい状態です。合格率はおおむね70%台の後半で推移しています。