理学療法士の専門学校で本格的な知識や技術を学ぼう

男女

リハビリのプロになるには

婦人

受験資格を得るために

理学療法士は、怪我や病気などで日常生活の様々な基本動作が困難になってしまった人の回復や維持、さらなる悪化を予防するリハビリテーションの専門家です。理学療法士として働くためには、国家試験に合格し資格を取得することが必要ですが、国家試験を受けるための受験資格を満たしていることが条件です。受験資格を得るためには、大学や短期大学、専門学校などの養成学校で3年以上学び、理学療法士に必要な知識や実技を修得する必要があります。理学療法士の養成学校では、一般教養の他に専門科目、実際の現場で必要な実技を学ぶ臨床実習などがあります。国家試験の受験資格を得るために養成学校ではたくさんのことを学ぶため、忙しい学生生活を送る覚悟が必要です。

メリットを考えた学校選び

理学療法士の養成課程がある学校はたくさんありますが、専門学校を選ぶ人も多くいます。専門学校には4年制と3年制がありますが、それぞれにメリットがあるので自分に合った専門学校を選ぶことが大切です。4年制専門学校のメリットは、卒業時に大学卒と同じ高度専門士の称号が得られ、確かな知識と実技を証明することができます。また、3年制に比べて専門的なことを深く学べる時間があり、余裕を持って学習に取り組めます。3年制専門学校のメリットは、最短で国家資格を取得し就職できるので、なるべく早く社会に出て働きたい人に向いています。また、4年制に比べて1年間少ないことで、学生生活にかかる様々な費用を抑えることができます。理学療法士の専門学校には、同じ目標を持った人が集まるので、学習のモチベーションが維持しやすく、求人情報も集まりやすい傾向があります。

東洋医学の専門家になる

鍼灸

鍼灸師は東洋の伝統的な医療思想に基づいた治療技術を提供する専門職です。鍼師・灸師というそれぞれ独立した国家資格がありますが、実際に仕事に就いている人の多くは2つの資格をともに取得しています。3年以上の専門学習期間を経た後に国家試験に合格することで取得できます。

子供の進学先に

女の人

合格率は非常に高い国家試験です。近年は受験者数が増え、理学療法士の数も増えているため試験の難易度も上がっている傾向にあるようですが、それでも75%は高い合格率です。合格率だけみると簡単な試験に思いますが、けっして簡単ではなく、しっかり勉強した人たちが受験する難易度の高い国家試験です。

老廃物排出のマッサージ

マッサージ

リンパは身体にとって重要な役割があります。リンパが滞ると、身体の中に老廃物が溜まり免疫力が低下します。そこでリンパマッサージの資格が人気なのです。さまざまな民間資格があり、通信制やスクールなどで学ぶことが可能です。受講期間や費用なども差があるので、まずは資料を取り寄せてみるといいでしょう。